【exec関数の使い方】

ど~も、ま~くんです。

今日はPHPのexec関数についてまとめます。

まずとても便利です。

■バックグラウンド(非同期)で処理を実行することができる
ここが重要です。

例えば下記の様に
①$url = “/home/コンテンツ名/ap_cron/ファイル名 引数”;
②$cmd = “/usr/local/php/bin/php {$url} > /dev/null &”;
③exec($cmd);

たったこれだけでWEBブラウザから非同期で通信することができます!

注意点としては、非同期通信なのでWEBブラウザのインジケータがクルクルしてリクエスト中・・・
みたいなことがないので、いきなり重た~い処理などはNGです!!

まずは件数を絞ってなるべく軽い実装を試みましょう!!

※それと、サーバの設定によっては①、②のPATHが違う場合があるので実行する前にデバッグは必ずしましょう!!

是非使ってみてください。